kikumiru’s blog

芸能関係のニュース

「なつぞら」で存在感 “NHK御用達女優”貫地谷しほりが評価される理由

 ≪新登場≫国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 100作目のNHK連続テレビ小説なつぞら」も大詰め。「過去99作へのリスペクト」を掲げ、過去作ヒロインの出演も「雲のじゅうたん」(1976年)の浅茅陽子(68)で14人目。「おしん」の小林綾子(47)ら懐かしい顔が揃う中、ひときわ存在感を示したのが2007年「ちりとてちん」のヒロイン、貫地谷しほり(33)だ。

「主人公なつ(広瀬すず・21)がアニメーターとして成長していく過程をサポートする上司役。出演機会も多く、自然体の演技が視聴者に安心感を与えるのに一役買っている。長澤まさみ(32)、石原さとみ(32)、綾瀬はるか(34)ら大物ひしめく30代前半の女優たちの中で、派手さはないが、その演技は業界内での評価も高い」(放送記者)

 貫地谷は東京の下町、荒川区の出身。スカウトされ芸能界入りしたのち、演劇学校に通い研鑽を積む。04年、18歳のときに映画『スウィングガールズ』でジャズに熱中する女子高生を演じ、注目を浴びた。

「07年のNHK大河ドラマ風林火山』で百姓の娘を好演、『ちりとてちん』に繋げた。朝ドラでも、共演した故・渡瀬恒彦が『女優になるために生まれてきたような子』と絶賛するほどの演技を見せ、以降、大河に3本出演。『プロフェッショナル 仕事の流儀』のナレーションも務めるなど、NHK御用達女優とも言われている」(同前)

親友の北川景子は結婚。貫地谷は?
なつぞら」終盤の盛り上がりに合わせるかのように、貫地谷の活動も加速。今月20日には映画『アイネクライネナハトムジーク』が公開。11月にも主演映画『夕陽のあと』が控える。また22日には主演ドラマ「黒薔薇2 刑事課強行犯係 神木恭子」(テレ朝系)が放送される。

岸谷五朗(54)とのコンビで、2年前に放送した単発ドラマの第2弾。貫地谷は違法な捜査も厭わない女刑事。警察ものに強いテレ朝だが、現在、第19弾が1年間放送中の沢口靖子(54)主演『科捜研の女』も次期以降は白紙。『黒薔薇』には“ポスト科捜研”としての期待もかかっています」(民放ドラマ制作関係者)

 順風満帆の貫地谷、注意すべきはスキャンダルだが……。

「最近では3年前、舞台で共演した俳優とのデートが『女性自身』に報じられたくらい。親友の北川景子(33)がDAIGO(41)と結婚した際は『売れ残り感がでてきました』と発言していましたが、女優としてプロ意識の高い貫地谷、恋愛しているとしても仕事に影響が出るタイプではない、という見方がもっぱら」(芸能デスク)

 今は仕事がかんじんや。 

レビューブログ会員募集中

月2万円稼ぐモニターも/リサーチパネル

口臭が気になる方はこちら【バイオクリニック】

カラーミーショップ(スマートフォン対応済み)