kikumiru’s blog

芸能関係のニュース

伊藤健太郎、役者はだいたい変態「二律背反を抱えている人が多いです」

 ≪新登場≫国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 俳優の伊藤健太郎さんが主演する映画「惡の華」。同作は、中学2年の春日高男(伊藤さん)が憧れのクラスメート、佐伯奈々子(秋田汐梨さん)の体操着を盗むところを、クラスの問題児・仲村佐和(玉城ティナさん)に目撃されてしまいます。仲村から、盗んだことを黙っている代わりに契約を持ちかけられる、押見修造さんの同名コミックの映画化作品です。

 オトナンサー編集部では、伊藤さんにインタビューを実施。オファーを受けた感想や、自身の“変態性”、井口昇監督の演出などについて聞きました。

■うれしい半面、「僕でいいのかな」

Q.原作を読まれていかがでしたか。

伊藤さん(以下敬称略)「すごいお話だなと思いましたが、誰もが通ってきた道であり、分かる部分もありました。映画もすごいことをしていると思いますが、普遍的なことでもあると分かってもらえるかなと思います。ただ、撮影のときは、原作と実写は別物と僕は考えているので、原作のことはそれほど考えませんでした」

Q.オファーを受けたときの感想は。

伊藤「うれしかったけど、同時に僕でいいのかなと思いました。原作は中学生だし、こういうキャラクターだし、井口監督が大事に温めてきた作品で、任せてくださったことがありがたかったです」

Q.春日に似ているところはありましたか。

伊藤「中学時代の僕と春日は白と黒くらい真逆でした。ただ、出会った人が違うだけで、人から影響を受けてしまうという点では同じです。春日が仲村に変態性を引き出され、目覚めていく気持ちは分かります」

Q.伊藤さんの“変態性”は。

伊藤「何をもって変態というかですが、変態だと思っています(笑)男女関係に限らず、役者ってだいたい変態なんですよ。悩みたくないのに悩みたいとか、満足したくないのに満足したいみたいな二律背反を抱えている人が多いです。そういう意味で役者は変態だと思います」

Q.演じることに抵抗があったシーンはありますか。

伊藤「ブルマを履かされるシーンです。無で挑みました(笑)でも、あれはすごく面白いシーンだと思いました。ブルマを履かされることないですし…」

Q.春日はどんな少年だと思いましたか。

伊藤「ピュアで本能的に動く人だと思いました。体が先に動いて考えるのは後で、本能的に動くタイプだと思いました」

Q.玉城ティナさんの印象をお願いします。

伊藤「完全に仲村でしたね。本読みで完成していて、仲村というキャラを愛して、すごく考えていたんだと思います。芝居のことを相談したことはありませんが、話の流れでこうしようああしよう、という話はしました。共演は3回目くらいですが、仲村役が共演したことのある人でよかったです」

Q.監督からのこだわりの演出はあったのでしょうか。

伊藤「ブルマの嗅ぎ方がすごかったです。分子まで吸い取ってくれみたいに言われました(笑)意味がよく分かりませんでしたが、吸い込んだときに全てを感じてくれということだと思いました」

Q.監督がそれほどのめり込む作品でしたが、その魅力とは。

伊藤「これから思春期を迎える人は深く考えすぎずに見られると思いますし、過去に思春期を迎えた人は過去の自分と向き合えるきっかけになると思います。僕がそうだったんですが、脚本を読んだときに昔の自分と向き合えました。昔と向き合うことは大事だと思います」

Q.自身の思春期と向き合っていかがでしたか。

伊藤「各所に謝りに行かなければいけない(笑)申し訳ない方ですね。恥ずかしいことはあまりありません。恥ずかしいと思った方がいいのかな。片っ端から反抗していました。反抗することで正当化することはよくありました」

Q.20代の仕事の目標は。

伊藤「いろいろなことをやって、できること、できないことを見極めていくのが20代だと思っています。ただ、小さな枠に囚われたくないので、いろいろなことを吸収して可能性を見つけたいと思っています」

Q.リフレッシュ方法は。

伊藤「地元の友達と過ごすことです。仕事のことを考えずにいられるし、そういう時間がないとパンクしちゃうので大事な時間です」

 映画「惡の華」は9月27日全国公開。 

レビューブログ会員募集中

月2万円稼ぐモニターも/リサーチパネル

口臭が気になる方はこちら【バイオクリニック】

カラーミーショップ(スマートフォン対応済み)