kikumiru’s blog

芸能関係のニュース

悲惨な末路をたどった名子役4人の“現在”とは!? 激太り、薬物・アルコール中毒、DV逮捕も…!

 【ホームページ低価格で完成】店舗向けホームページ作成サービス「グーペ」

 映画『ホーム・アローン』への出演で、“天才子役”として世界中に名前を轟かせたマコーレー・カルキン(38)。その後は波乱の人生を送っており、俳優業以外で多くの話題を振りまくことになった。

 カルキンが『ホーム・アローン』に主演したのは10歳のとき。一躍スターとなったものの、ギャラをめぐって両親が裁判を起こした影響でカルキンは子役を引退。以降は薬中毒疑惑や激ヤセぶりが報じられ、ファンから「あんなに可愛かったカルキンくんが暗い話題ばかりでショック」「『ホーム・アローン』を見返すたびに切なくなる……」「映画化できるんじゃないかってレベルの転落劇だよね」といった声が続出した。ちなみに昨年12月には、“マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキン”への改名を発表して注目を集めている。

 今回はカルキンのように、悲惨な末路を迎えた子役たちをご紹介しよう。

ハーレイ・ジョエル・オスメント

 まずは、1999年公開の映画『シックス・センス』で注目されたハーレイ・ジョエル・オスメント(31)。以前から子役として活動していたオスメントだが、『シックス・センス』での名演技が絶賛されて大ブレイク。2年後にはスティーブン・スピルバーグ(72)監督の『A.I.』で主演に抜擢され、そのままスター街道を突き進むかと思われた。

 しかし、成長するにつれてヒット作に恵まれなくなったオスメントは、2006年に飲酒運転で逮捕されてファンを驚かせることに。2014年頃からは激太りが報道されるようになり、ファンから「目元以外オスメントくんの面影が全くない!」「『シックス・センス』の子役と同じ人物とは思えん……」と悲鳴が続出。昨年2月には空港で係員に暴言を吐いて警察が出動するなど、名子役からすっかりお騒がせ俳優へと成長してしまったようだ。

エドワード・ファーロング

 続いては、あまりの美少年ぶりに注目が集まった俳優エドワード・ファーロング(41)。1991年公開の映画『ターミネーター2』がデビュー作となったファーロングは、人類存亡の鍵を握るジョン・コナー役を熱演。主演のアーノルド・シュワルツェネッガー(71)を食うほどの人気でヒットに貢献し、多くのファンを獲得した。

 鮮烈なデビューを飾ったファーロングだが、その後は残念ながらヒット作に恵まれず。薬物・アルコール依存やDVでの逮捕、さらにDV相手への接近禁止令を破って収監されるなど、その転落ぶりに呆れるファンは多い。かつて話題を呼んだ美少年の面影はなく、ネット上でも「人っていきなり名声を手にしちゃうと転げ落ちちゃうものなのかな」「ちょっと不良っぽい感じが好きだったのに、今や単なる不良オヤジやん」「しっかり人生を歩めばイケメン俳優として活躍できそうなのに…」といった声が。

ゲーリー・コールマン

 最後はアメリカのコメディードラマ『アーノルド坊やは人気者』でブレイクしたゲーリー・コールマンさん。1970年代から80年代にかけて放送された同ドラマは日本でも反響を呼び、コールマンさん演じる主人公・アーノルド坊やの「冗談は顔だけにしろよ」という決めゼリフが有名。また腎臓病が原因で成長不全の障害を抱え、成人以降も約140cmの低身長だったことで知られている。

 アーノルド坊や役で人気を獲得したコールマンさんだったが、90年代に両親との間で起きた金銭トラブルが泥沼化。その後も自己破産や女性への暴力問題など、私生活面でネガティブな話題が相次いだ。2010年に自宅で倒れて頭部を強打したコールマンさんは、病院に救急搬送されたものの意識不明に。最後は家族に見守られながら、42歳という若さでこの世を去った。 

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

BIG1等最高6億円!楽天totoならポイントがたまる♪